SANPU BLOG

30歳突入を機に始めた社畜エンジニアの雑記ブログ ~旅行、子育て、便利グッズ、お金の話、その他戯言を気ままに発信~

出産時に選択した無痛分娩について

f:id:SANPU:20210523212232p:plain

SANPUです。

最近子供が生まれて、夫婦で育児に奮闘しています。

今回の出産では無痛分娩を選択しました。

日本ではまだ認知度は高く無いでようですが、

皆さんは無痛分娩をご存知でしょうか!?

本記事では無痛分娩とは何かということと選択した理由、出産の体験、感じたことを書いておこうと思います。

無痛分娩とは

文字から何となくイメージがつく人がほとんどではないでしょうか?

通常の分娩よりも痛みを和らげながら行う分娩になります。

字の如く無痛になるというわけではないです。

私は医学的な知識は無く適当なことを書いてもマズいので詳細は調べていただければと思います。

検索するとたくさんでてきます。

腰あたりからカテーテルを通し、麻酔を使用して分娩する方法です。

日本では無痛分娩を選択する人は数%程度でほとんどいないようですが、アメリカ、フランス、イギリスなどでは60%以上が無痛分娩を選択しているみたいです。

無痛分娩のメリット・デメリット

当時医者に聞いたり、色々調べたりした結果を簡単にまとめると下記のとおりです。

メリット

  • 出産時の痛みを緩和できることで、ママ側の身体的・精神的ストレスが軽くなる
  • 出産後の妻側の回復が早いらしい
  • 万が一緊急帝王切開になった場合、そのままカテーテルが使用できるので麻酔にかかる時間が短縮可能(いざという時の準備ができている)

デメリット

  • 費用が高い (我が家は+10万円くらいだったかな)
  • 通常の分娩よりも時間が長くなる傾向がある。 (我が家は8時間くらいだったかな)
  • 合併症・副作用が起こる可能性が0ではない。
  • 麻酔により陣痛が弱くなったり、止まってしまうことがある。
  • 赤ちゃんが産まれる際、吸引や鉗子などの器械を使う頻度が高くなるらしい。

無痛分娩を選択した理由

 妻の希望ですが、単純に痛みが恐ろしいので緩和できる方法があればベストという考えだったからです。

自分としても出産は妻にも大きな負担がかかるため、できるだけ希望通りにしたいと思ってしました。無痛分娩を選択することで心配が少しでも減るのであればやるべきだと考えました。

特別変わった理由はないです。

日本ではあまり選択する人は多くは無いようですが、外国では過半数以上選択する国もあるとのことで無痛分娩に対するデメリットは特段気にはしませんでした。 

ただ、無痛分娩を選択していても日曜日などに陣痛がきた場合などは通常の分娩になってしまうようなので、できるのであれば無痛分娩というような気持ちで選択しました。

出産の流れ

 我が家の出産の流れは以下でした。麻酔をする作業はありますが、特段通常の分娩と差はないと思われます。

 

①ある日の夜中に陣痛が始まる。

 妻は一睡もできなかったようです。自分は爆睡でした。(すいません・・・)

②明け方に陣痛の間隔が短くなり、産院へTELし病院へ行くことになる。

 この時には陣痛も10分おきにぐらいになっていたと思う。

③産院到着後、妻は分娩室に入り、カテーテルを通して麻酔を打ちながら様子をみる。

 この時点滴も同時にしていました。

④麻酔の効果で陣痛の痛みが緩和される。ほとんど痛くないと言っていた。

 しかしその結果、陣痛がおさまりかけてしまう。そのため、麻酔の量を減らす。

⑤陣痛が止まるのを避けるために陣痛促進剤を使用する。その結果、また陣痛の痛みが襲ってくる。

⑥陣痛促進剤と麻酔の量を増やしたり減らしたりしてうまくコントロールすることで、陣痛を進める。

⑦陣痛の状況と子宮口の開き具合をみて、分娩に進む。

 この時は、無痛分娩といえど痛いみたい。妻もいきみたくなってくると言っていた。

⑧陣痛に合わせていきむ、陣痛がおさまったら休憩をひたすら繰り返し、ひたすら痛みに耐える。

⑨上記を繰り返しようやく出産。体重を測定。

⑩少し休憩した後、写真を撮らせてもらう。

⑪その後、コロナ禍のため自分はすみやかにお引き取り願われる。

 

無痛分娩で出産して感じたこと

あくまで夫である自分の感想ですが、選択して良かったと思う。

病院到着後、麻酔により一度陣痛の痛みが和らいだことで落ち着いて分娩に臨めたのではないかと思った。病院に着きそのままバタバタと痛みに耐えて出産に進むより、妻は気持ちのコントロールができたと思う。そこが一番良かったのではないかと考えています。実際に産院へ向かう道中は痛みに耐えて苦しそうだったが、病院に着き麻酔をしている最中はいつも通りに二人で会話していた。

ただ、出産時は無痛分娩でも耐えがたいくらい痛いと言っていたので、完全に痛みがなくなるわけではないようだ。(初めての出産だったので通常の出産と比べることはできないが・・・)

あくまで痛みをコントロールしながら出産するということで、最後は通常と同じようにに痛みによっていきむことで出産する必要があるということです。

完全に痛みがなくなってしまうと出産はできないと思うのでそこはしょうがないのだと思う。